医療法人育歩会坂井歯科医院j公式ブログ

THP 最終章 〜お口の中から全身の健康を考える〜

こんにちは、坂井歯科医院の今道です。

寒さも和らぎ、過ごしやすい季節がそこまで来ていますね。

春になるとお花見をしながらBBQなどを楽しみたいです。(常に食べることを楽しみにしています。笑)

 

 

皆様はいつまで美味しく食事を楽しみたいですか?

答えはもちろん「一生」ですよね。

生涯ご自身の歯でお食事できる方は、残念ながら日本ではごく僅かしかおられません。

 

 

人の歯の本数は親不知を除いて28本ありますが、お食事を楽しむのに最低必要な本数は20本と言われていて、日本人は平均で60歳頃に残っている歯の本数は20本まで減少してしまい、80歳頃には約7本しか残っていないのが現状です。

 

 

歯を失う原因の多くは歯周病で、たくさんの方が歯周病で悩んでいて、今後悩む方が増加していくことも予測されます。

 

本来、歯科治療は多大な費用がかかりますが、日本では医療保険制度があり、安価に治療を受けることができるため「虫歯になっても、その時に治せばいい」「痛くなったら、歯医者に行けばいい」などの考え方をされている方が、残念ですが多くいらっしゃり、歯医者へ足を運ぶ機会が少ないです。

 

 

治療を何度も行い、再発を繰り返すことで、最悪歯を失ってしまいます。永久歯は一度失ってしまうと二度と回復することがないため、大切なのは今あるご自身の歯を健康な状態で保ち続けることです。

 

今まで様々な患者様を見てきましたが、歯の健康を失ってから、歯の大切さや有り難さを実感する方が多く見られ、もっと早く治療すればよかった、など後悔の言葉をお聞きすることが非常に多いです。

 

健康だし丈夫だと思われていても、見えないところで気づかないうちに進行してしまうのが歯周病の恐ろしさであり、早期発見・早期治療に越した事はないでしょう。

 

歯周病は放っておくと、細菌が唾液に混ざり、飲み込むことや出血部位から血管を通して体内へ侵入していくことで、別の疾患を生み出す可能性があります。

心疾患や糖尿病、誤嚥性肺炎など、歯周病のリスクが高いとこれらの疾患のリスクも高くなります。

 

特に歯周病との関連性が非常に高い糖尿病の患者様が、THP治療を受けられた後、血糖値やヘモグロビンA1cなどの値が改善した報告も受けています。

 

THP治療では体内の細菌のコントロールも行うので、治療の効果はお口の中の健康だけでなく、全身の健康にも寄与しています。

 

現在、日本人の平均寿命と健康寿命の間には、男性で約9年、女性で約13年あると言われていて、この間の期間には継続的な医療や介護に依存しなければなりません。

 

ご自身の歯で噛むことで、免疫力の向上や認知症の予防など様々な効果が期待できますので、平均寿命と健康寿命の期間をできるだけ短くし、ご自身の歯で長くお食事をしていただくことが、私たち歯科医療従事者として、とても嬉しいことです。

 

 

THP治療では集中的に治療を行った後、最大限再発をしないようにメインテナンスを行ってまいりますので、今後ご自身の歯をできるだけ残していきたい方、お口の中から全身の健康を考えたい方にとって、最良の治療と言えるのではないでしょうか。

 

この画期的な治療が一人でも多くの患者様の助けとなり、生涯自分らしく健康に生きることのお手伝いができたら幸いです。

ここまでTHPの記事をお読みいただき、ありがとうございました。


2018年3月1日 カテゴリー:坂井歯科ブログ, むし歯や歯周病について, THP

THP 〜菌活で体の中から健康を〜

こんにちは、坂井歯科医院の今道です。

最近とても注目していることがあり、それは腸内環境を整える「腸活」と、体にとって良い働きをする菌を積極的に取り入れる「菌活」です。

 

 

私がなぜ腸活、菌活に注目しているかと言うと、私たちにとって、様々な健康効果をもたらしてくれることが分かってきているのです。

 

腸活、菌活には「プバイオティクス」と「プバイオティクス」のこの二つが重要なのですが、実はこの二つはお口の中の環境とも関係があり、今レポートを続けているTHPのポイントの3つめにも深く関わっているのです。

 

腸活の「プレバイオティクス」とは、もともと腸内にいる善玉菌を活性化させるためのエサになり、善玉菌の増殖を促し、腸の活動を改善して腸内環境を整えることであり、食品では食物繊維やオリゴ糖などです。

 

菌活の「プロバイオティクス」とは、人の体に良い働きをしてくれる細菌や酵母のことで、代表的なものが乳酸菌やビフィズス菌などがあり、プロバイオティクスが含まれる食品は主に発酵食品で、納豆やヨーグルト、味噌などがあります。

 

 

プロバイオティクスは腸内に食物繊維やオリゴ糖などの善玉菌が多くあればあるほど、さらにパワーアップした効果を発揮しますので、まずはプレバイオティクスで腸内環境を整え、善玉菌を育て、プロバイオティクスを補菌すると効果的なのです。

 

なぜお口の中と関係するかと言いますと、お口の中に歯周病菌がいると、唾液に歯周病菌が混ざり飲み込むことや出血部位から血管を通して、かなりの確率で体内にも感染しているのです。

 

 

体内に歯周病菌が感染したまま、お口の中の治療を行っても、体内からお口の中へ再度感染を繰り返してしまうので、体内から歯周病菌や悪玉菌を追い出し、良い菌に変えて、歯周病治療を行うことが理想的なのです。

 

 

THP治療ではこのプレバイオティクスとプロバイオティクスを利用し、歯周病治療を行うことで、お口の中の環境だけでなく、体全体の健康も考えながら治療を行っていくのです。

 

私が最も注目している菌がプロバイオティクスの「L・ロイテル菌」といって、天然の乳酸菌でありヒト母乳由来の成分でできていて、お口の中の虫歯菌や歯周病菌を抑制することで、予防の効果を発揮します。

 

 

さらに、アトピーなどのアレルギー症状も改善されると言われていて、お口の中の環境だけでなく、体内にも良い影響を与え、体質改善も期待でき、お口の中の疾患をも予防できる一石二鳥以上の役割を果たしてくれます。

 

THP治療を通して、体も健康になると、QOL(生活の質)を向上させることができ、より豊かな人生を歩んでいただくお手伝いが私どもにできるのではないかと考えていますので、THP治療に少しでもご興味を持ってくださったなら、いつでも相談にいらしてください。


2018年2月28日 カテゴリー:坂井歯科ブログ, むし歯や歯周病について, THP

THP 〜プロの衛生士による治療〜

皆様、こんにちは、坂井歯科医院の今道です。

今回でTHP4回目の投稿ですが、たのしみにしてくださっている方がおられたら嬉しいです。

 

恐怖の歯周病

「沈黙の病」と言われている、名前を聞くだけでも恐ろしい病気をご存知ですか?

実は・・・歯周病なのです!!

 

なぜ歯周病が沈黙の病と呼ばれているかと言うと、痛くもかゆくもなく進行し、痛みや出血などの自覚症状が出た時にはかなり進行してしまっていて、歯肉だけではなく歯を支えている骨まで溶かしてしまうので、最悪歯を失ってしまう恐ろしい病気だからです。

 

恐ろしさはそれだけではなく、歯周病菌はお口の中のみならず、歯と歯肉の隙間や血管の中にも入り込んで、体内を巡ります。その結果、心疾患や糖尿病、誤嚥性肺炎、早期低体重児出産、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)などの全身疾患を引き起こす可能生がある事を様々な研究機関から報告されています。

 

非常に感染力が高く成人の8割以上の方が感染していて、恐ろしく深刻な病気にも関わらず、有効な治療法が限られおり、歯周病の進行を遅らせることができても、進行を止めることはできないとされていました。

 

 

歯周病でもう悩まなくて良い?

現在THPで歯周病の進行をほぼストップさせるシステムについてレポートしていますが、今回は歯科衛生士による歯石除去についてレポートしていきたいと思います。

 

基本的に歯周病治療の中心は、歯石取りと歯磨き指導、または生活習慣の改善が中心です。検査上では無病とされても、実際には歯周病菌に感染している例が多く、従来の方法ではそれを改善する手立てが限られていました。

 

THP治療でも歯石除去や歯磨き指導、生活改善の指導を行いますが、従来の歯周病治療との違いは短期集中で治療を行うこと。そして認定制度を背景とした歯科衛生士の技術指導とチェック体制、何よりも歯茎をメスで切るなどする外科的処置は行わないという点です。

 

重度の歯周病と診断された場合、従来の保険診療では1度にできる治療が限られている事が多く、メインテナンスに移行するまでに何度も何度も足を運んでいただく必要がありましたが、THPでは約5〜8回で集中的に治療をおこなってメインテナンスに移行します。

 

THPの治療は、できるだけ短期間にお口の中の全ての歯を同時に治療することが重要であるという考えのもとシステム化されたものですので、患者様の負担がない範囲で多くの歯の治療を一度に行い、一気にお口の中から細菌を追い出すのです。

 

 

技術と治療の質を保つ為には

THP治療を行う歯科衛生士は、高度なトレーニングを積み、試験を受け、施術クオリティーを上げたスキルの高いTHP認定衛生士が担当しますので、再発を最大限防ぐ努力をしています。

 

また、本物のプロは自分で使う道具に対してもこだわりと愛着を持っているもので、それは歯科衛生士も例外ではありません。歯石を取るための道具を衛生士自らが研いで使用しますが、理由は体に対して害がなく感染部位や歯石を効果的に除去するためです。

 

 

お料理をする際に、包丁の切れが悪ければ、切る具材に余分な力をかけてしまい、切り口が乱雑になったりするご経験はないでしょうか?

医療用の刃物も同じで、組織を傷つけないようにするため、手入れは大切な仕事の一つなのです。

 

歯肉の深い部分を治療する際は、痛みを伴うため、一般的に麻酔をしてから治療することが多いですが、THPではスキルの高い衛生士が対応するので、痛みを伴うことがほとんどなく、基本的に麻酔を使用することはありません。

 

従来の治療では歯石除去を何度か繰り返し、改善が認められない場合、歯肉を切開し、直視下で歯石の除去を行い、再度歯肉を縫い合わせるという外科的な処置をしていました(下記フラップの図)。その結果、歯肉が大きく下がり、根が露出した部分にしみる症状や、歯と歯の間に隙間ができたりし、患者様の精神的・肉体的負担が大きかったはずです。

 

フラップの図

 

 

 

 

THPでは外科的処置を行わないため、歯肉の下がりも最小限で、患者様への負担も少なく、優しい治療と言えるのではないでしょうか。

 

次回、THP治療のポイント第3段をレポートします!!


2018年2月27日 カテゴリー:坂井歯科ブログ, THP

THP 〜口腔機能水、THPウォーターについて〜

こんにちは、坂井歯科医院の今道です。

寒い日が続き、寒がりの私にとっては、とてもつらい季節で、あたたかい日が恋しいです。

 

今回からTHP治療について、詳しくレポートしていきたいと思います。

THP治療のポイントは3つありますが、今回は特に重要となる一つをお伝えしたいと思います。

 

何度も申しますが、お口の病気は大きく分けて、虫歯と歯周病があり、そのどちらもがお口の中の細菌により引き起こされるものです。

 

THPの治療を行う上で毎回使用し、重要になるのが口腔機能水と言われるTHPウォーターという、普通の飲用水を電気分解したもので、簡単に言うと殺菌効果のあるお水です。

 

THPウォーターの主成分は次亜塩素酸ですが、次亜塩素酸と聞いて思い浮かぶものが家庭でも使われているハイターです。

 

ハイターをお口の中に使う事を考えると怖いと感じる方もいらっしゃるかと思いますが、この次亜塩素酸は水道水にも消毒のために含まれていて、プールの殺菌や野菜、果物の消毒、食品添加物としても使われています。

 

私たちが日頃、よく口にするものにも使用されていることから、適切な濃度で使用すれば細菌やウイルスに効果があり(ノロウイルスの消毒にも使用されています)、安心して使う事ができるものです。

 

THPウォーターを用いることで体に害を与えず、お口の中の良い菌は生かしたまま、悪い菌のみを殺菌する事ができます。それに加えて従来の薬剤は殺菌するまで1秒ほどかかっていましたが、THPウォーターは使用すると瞬時に殺菌ができます。

 

歯周病菌は、出血した部分から血管を通り体の中へと感染してしまう、菌血症という病気を併発してしまうことがありますので、出血を伴う治療は注意が必要であり、体内への感染を防ぐためにも、瞬時に殺菌できるTHPウォーターを使い、細菌の活動を止め、菌血症を防ぎます。

 

従来では、お口の中の除菌を行わず治療をしているので、再び感染し、虫歯や歯周病の再発を繰り返していましたが、THPでは毎回お口の中すべてを除菌してから治療するので、細菌に感染し、拡散するのを防ぐことができるのです。

 

THPウォーターにポリリン酸を加えることで、破壊された組織の修復から再生まで可能になり、さらに治療の効果を上げることに成功しました。

 

THPウォーターは万能に使うことができるものですが、一つだけ短所があり、次亜塩素酸の中には活性酸素が含まれていて、活性酸素は体にとってあまり良くないもので、酸化してしまう性質があるのです。

 

それに対して長年研究を重ねた結果、酸化に対抗する「アスコルビン酸」という対酸化剤のビタミンを使い、余剰な活性酸素を消去するという方法に辿りつき、アスコルビン酸には組織の治癒を早める効果もあり、良い結果だけを得られる理想のシステムが完成したのです。

 

まとめますと、THPウォーターを使用することによって、お口の中の細菌を徹底的に除菌し、他の歯や体内に細菌を感染させることなく、傷ついた組織を再生誘導することができる画期的な口腔機能水です。

 

トータルヘルスプログラム認定の歯科医院でなければTHPウォーターを使用できず、寝屋川市では坂井歯科医院のみとなっていますので、ご興味がある方はいつでも相談にいらしてください。

 

次回はTHP治療のポイント第2段をレポートしますので、是非お読み下さい。


2018年2月19日 カテゴリー:坂井歯科ブログ, THP

THP  〜トータルヘルスプログラムとは〜

こんにちは。

坂井歯科医院の今道です。

今回からTHPについてレポートしていきます。

 

お口の中の病気は歯周病と虫歯が代表的で、歯科疾患ではこの二つで悩んで困っている方が多く、歯周病も虫歯もお口の中に存在する、細菌が原因で進行してしまいます。

 

日本人は世界で一番歯磨きをしていると言われていますが、歯科医療の先進国と比べて、歯周病も虫歯もはるかに多いと言われていて、とても残念な結果です。

 

前回のブログと動画をご覧いただけたでしょうか?

 

THPの治療プログラムは、今まで多くの先生方が築きあげてきた予防の方法を、見直し、手を加えたもので、決して特殊な治療ではなく、簡単に申すと、お口の中の細菌の量を減らすのではなく、悪い細菌を良い細菌に変え、細菌の質をコントロールすると言うことなのです。

 

例えば、腸内環境と同じで、悪玉菌が多いと下痢をしたり、便秘になったり、免疫力がなくなったりするので、ヨーグルトを食べたりして善玉菌を増やし、腸内環境を整えるイメージと同じです。

 

歯周病と虫歯リスクを極限まで減らし管理することで、お口の中の健康だけでなく、全身の健康を守る事が本当の目的です。

 

また細菌の量を減らす「量的コントロール(単に歯石をとるだけ)」ではなく、細菌の質を変える「質的コントロール(菌自体を入れ替える)」を目指すプログラムです。

 

歯周病や虫歯が発生してから歯科医院へ通うのではなく、歯周病や虫歯が発生しないように、リスクコントロールをし、繰り返し治療をなくすのがこのプログラムの目標です。

 

実際に当院でTHPの施術を受けられた方の感想です。

 

 

このように嬉しく有難いお言葉をたくさん頂いており、THPの効果が患者様のお声からお分かりになるかと思います。

 

歯肉から出血する、歯肉が腫れてブヨブヨする、口臭が気になる、歯がグラつくなど、人それぞれお口の中の悩みは違いますが、ほとんどの悩みを解消することが可能かと思います。

 

次回からは詳しい施術内容についてレポートしていきたいと思います。


2018年2月6日 カテゴリー:坂井歯科ブログ, THP

このページのトップへ