医療法人育歩会坂井歯科医院j公式ブログ

メインテナンスで歯を長持ち

こんにちは、坂井歯科医院の今道です。

最近パソコンを見ている時間が長いせいか、目が疲れ、文字が見えにくくなってきたので、久しぶりに眼科に行ってきました。

 

 

様々な検査を行うことになったのですが、やはり病院はこわいですね。

何をされるかわからない恐怖と痛がり怖がりの性格なので、かなり緊張しました。

 

診断はひどいドライアイになっていて、自分では目が乾くなど症状がなかったので全く気づきませんでしたが、痛みも症状もなく病気にかかっていることを再確認し、定期的に病院にかかることの大切さを実感しました。

 

皆様は定期的に検診を受けていますか?

どの疾患にしても早期発見、早期治療に越したことはないでしょう。

体の健康だけでなく、お口の中の健康も同じです。

 

皆様、歯医者には歯が痛くなってから行かれていませんか?

歯の検診とメインテナンスはとても重要なことで、定期的に必要なのです。

 

1、歯磨きだけでは取り除けない汚れが溜まる

歯磨きをしっかりしていれば虫歯や歯周病にならないと思っておられる方は多く、実際お口の中の病気はご自身では気づきにくいです。

 

どれだけ一生懸命歯磨きをしても、全ての汚れを取り除くことは難しく、残ってしまう汚れが日に日に溜まり、溜まった汚れをそのまま放置してしまうと虫歯や歯周病の原因となります。

 

定期的に汚れや歯石を取り、歯科専門の機械で歯を磨くことにより、虫歯と歯周病の予防をすることができ、結果歯の寿命を延ばすことが可能です。

 

2、痛みがないまま病気は進行していく

虫歯は初期の段階ではほとんど痛みはなく、虫歯が大きくなると痛みが出ますが、神経のない歯は虫歯になっても痛むことがなく進行してしまい、被せ物の中で虫歯がどんどん広がっていることもあります。

 

歯周病は痛みがほとんどないまま進行してしまい、症状が出た時にはかなり進行してしまっていることが多く、歯を失う原因の1位です。

病気に気づかずにいると、最悪歯を抜かないといけなくなります。

 

 

3、早期発見・早期治療が可能

歯が痛くなってから治療に行くと、歯を削り、痛みの原因を取り除くことはできますが、歯は一度削ると元には戻りませんし、歯の寿命を縮めてしまうことになります。

 

メインテナンスを行うことで虫歯や歯周病を予防でき、お口の中の疾患を早期発見できれば痛みが少ない治療で、治療期間、費用ともに最低限に抑えることが可能なのです。

 

 

4、全身の健康も守る

お口は体への入り口であり、全身への関わりも大きく重要な役割をします。

お口の中のバイ菌は唾液に混ざり体内へ取り込まれることにより、全身の疾患に繋がることがあるのです。

 

日本人の死因2位の心疾患や3位の肺炎などは、お口の中のバイ菌によって引き起こされることがあり、その他にも糖尿病や早産などもお口の中のバイ菌と大きく関わっていると言われています。

 

 

定期的なメインテナンスを行い、バイ菌の量を減らすことで、全身の健康も守ることができるのです。

 

日本人は「歳をとると歯を失うことは仕方がない」や「歳をとると入れ歯になる」と思っていらっしゃる方が多くいますが、それは誤解です。

定期的な検診とメインテナンスで歯を長持ちさせることができるのです。

 

日々の歯磨きだけではお口の中の健康を保つことが難しく、歯のプロである歯科医師や歯科衛生士と協力しながら、ご自身の歯で長くお食事ができるよう一緒に頑張りましょう!!


2018年4月17日 カテゴリー:坂井歯科ブログ, 予防について

なぜ歯医者に行かなければならないのか

こんにちは、坂井歯科医院の今道です。

4月を迎え新年度が始まり、坂井歯科医院にも新入社員が入って来ました。

甥っ子も4月から小学1年生になり、新たなスタートに胸を躍らせています。

 

 

春休みの思い出作りに友だち家族とキャンプに行き、大自然の中で体を動かし、美味しいお肉を食べて、たくさん遊び、いい思い出ができました。

 

毎日頑張って働いて、休日になると家族サービスしてくれるお父さん、今回はそんなお父さんに関するブログです。

 

 

46歳男性、ヒデさん(仮名)(※ブログの題材にすることは了承いただいています。)

主訴は「歯がおかしいような気がする」

 

〜初診コンサル〜

「自覚症状はなく、疲れた時などに歯茎が浮いた感じがします。ネットなどで調べると歯周病と書いてあったのですが、歯磨きもしているし歯周病ではないと思うのです。」と真剣な眼差しで私を見ながらおっしゃいました。

表情から、とても悩んでいることが伺えました。

 

「恥ずかしい話ですが、最近娘が私を避けるようになって寂しく思っています。

話しかけても返事をしてくれなかったり、別の部屋に移動したり、コミュニケーションを取ろうとしても離れてしまうのです。」

 

その原因を奥様が娘さんに聞いたら、お父さんは口がくさいから話したくないとのことでした。

 

「そのことを妻から聞いた時はショックが大きくて、落ち込みました。ずっと仕事が忙しく、歯磨きを疎かになっていたのは事実ですが、自分で口臭は感じないし、指摘されてからは歯磨きも一生懸命頑張っていますが、娘の態度は変らないままです。」

 

毎日毎日、上司に嫌味を言われながらも、汗を流して働いて、夜遅くまで付き合いの飲み会に参加し、家族のために頑張っているので、なかなか歯医者に行く時間が取れなかったことも話してくれました。

 

〜検査〜

レントゲンを撮り、歯周ポケット検査をすると歯周病にかかっていることが分かり、それが口臭の原因とも考えられ、歯周病は歯医者で治療を受けなければ治らないことをお伝えしました。

 

 

ヒデさんは、歯周病ではないと思っていたし、歯磨きをすれば歯周病は治ると思っていたので、とても驚いた様子でしたが、きちんと治療を受けて歯周病を治し、以前のように娘と仲良くしたいと意気込んでくれました。

 

〜歯周病治療の開始〜

歯周病治療で行うことは、主にプラークコントロール歯石とりPMTCです。

プラークコントロールとは、バイ菌の塊である汚れを歯ブラシやフロス、歯間ブラシを使い除去することであり、そのために歯の磨き方の指導を行います。

 

 

毎日ただ歯を磨くのではなく、きちんと汚れを落とすことが大切で、歯周病治療の要となる部分です。

プラークコントロールができれば、歯茎の腫れや浮いた感じは改善されます。

 

バイ菌の塊が結束し固まってしまったのが歯石で、歯石はバイ菌の住みかとなり、歯石を放っておくと歯周病の原因になるため、歯石とりを行います。

歯石は1回で全てを取り除くことは難しく、数回に分けて少しずつお取りします。

 

腫れた歯茎のイラスト(歯石あり)

 

PMTCは歯の表面を機械で磨くことで、歯がツルツルになり汚れを付きにくくします。

汚れが付きにくくなることでプラークコントロールもしやすくなり、虫歯、歯周病も予防することができます。

 

歯周病治療は回数がかかりますが、中断してしまうとせっかく治療しても元の状態に戻ってしまうため、再度治療を開始する時には最初からのスタートになってしまい、治療期間はさらに長くなり、治療費も再度かかってしまいます。

 

長期間中断してしまった場合は歯周病がさらに悪化していることが予測され、最悪歯を抜かなければならないケースもあります。

 

ヒデさんは歯周病治療を中断することなく通っていただいたことで、お口の中の状態を良くすることができ、今後歯周病が再発しないよう定期的なメインテナンスを受けていただくことになりました。

 

「歯磨きをしていれば歯周病にかかることはないと思っていたし、自分は歯周病ではないと思っていたので、今回しっかり治療を受けることができてよかったです。娘とも少しずつですが、前のように話すことができています!

今までは仕事が忙しいことを理由に歯医者へ行くことを後回しにしてしまっていたのですが、これからは自分の歯を大切にするために歯医者に通います!!」

 

とても有り難いお言葉をいただき嬉しい気持ちになり、私たちが仕事をしていて一番喜びを感じる瞬間です。

 

仕事が忙しいこと理由に歯磨きを怠り、歯医者に定期的に受診をしていない、そこのお父さん!!

このままでは大好きな娘さんに話してもらえなくなるかも知れませんよ!



来春に向けての採用

毎年この時期になると、来年の医院の方向性に関してスタッフと議論を重ねています。
私たち歯科医院の仕事は患者様の口腔内の健康を取り戻してそれを維持させる事ですが、出来ればもっと根本的な部分を見直したいと近年ずっと考えていました。それは、そもそも虫歯にならない口腔内環境を0歳児の時点から育て上げる事です。

虫歯になるメカニズムは、ご存知の方も多いでしょうが、お父さんやお母さん等のご家族からの感染によってはじまります。産まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌や歯周病菌は存在していないのです。3歳までの時期が非常に大事でここを無事に虫歯菌に感染させる事なく乗り切る事が出来れば、大人になっても虫歯の少ない人間に育つ可能性が一気に高くなります。

今までは虫歯菌の感染からお子様を守る事は、完全にご両親に任せていたのですが、本来であれば我々にも出来る事がたくさんあります。そこの部分を来年以降強化していきたいと考えています。

診療のレベルを向上して強化する為には、歯科医師、歯科衛生士、保育士、などのスタッフの増員が必須となります。さらには既存のスタッフ達と共にレベルアップを図る為に、色んな優秀な他の医院へ見学に行って学ばせてもらう必要もあります。やるべき事や課題が多く、クリアー出来ていない事もあるのですが、私が昔からやりたかった事が少しずつ実現出来る土壌が整っていっている事がとても楽しいです。来年採用予定のスタッフは既に何名か決まっていますが、まだ衛生士さんや保育士さん、歯科助手さんも含めて人手が必要な状況ですので当院での就職を考えてみたい方は是非ご一報下さい。

私たちと一緒に地域に貢献する事が出来て、患者様の口腔内の健康維持に役立つ事が出来るよう、一緒に頑張りましょう。

坂井歯科医院・院長 坂井秀明


2015年12月18日 カテゴリー:むし歯や歯周病について, 予防について

患者様の悩みと歯科医師の気持ち

dental tools1982年に坂井歯科医院を開業して以来、2万5千人以上の方が坂井歯科医院に患者様として来院されています。寝屋川市の人口は約24万人弱なので寝屋川市民の10人に1人が坂井歯科医院の患者様という事になります。

幅広い年齢層の方が日々お越しになられるので、医院の中でも様々な取り組みを行っていて、直近では4月18日(よいはの日)に向けて表彰状を準備中です。70歳以上で20本以上の歯を残している方はそれだけで大変素晴らしい事なので、坂井歯科として毎年表彰を行っているのです。

その一方で、患者様の歯の深刻な悩みと日々向き合っていると力の限界を感じる事がどうしても出てきます。患者様の望みを叶えてあげられずに1本の歯を救う事が出来なければ自分の無力感を痛感せずにはいられません。

患者様の悩みの本質は快適に日常生活を過ごせない現状である訳ですが、その理由は痛みであったり、噛みにくさであったり、見た目であったりします。それらを解決する為に歯科医師としての力量を日々問われる事となるのですが、時として(これはどう頑張っても無理だな・・・)という事があります。どうあがいても残す事の出来ない歯はあるのです。

患者様から、「先生しょうがないです。私が悪いんですから・・・。抜いて下さい。」と言われると申し訳ない気持ちになってしまいます。抜歯をするという事は、歯が欠損するという事。欠損すると噛めなくなる。それを補う為には入れ歯やブリッジやインプラントが必要になってくる。

もちろん、それらの治療に関してもプロフェッショナルとしての技量を保てるように日々技術の研鑚を積むようにしているのですが、歯を残したいのにそう出来なかった時の無力感は何十年歯科医師をやっていても消える事はありません。インプラントをすればいい!とかそういう問題ではないのです。

やはり、何歳になっても自分の歯で食事をする事が出来る事こそ人間本来の姿ではないかと思います。歯科で一番大切な分野は何ですか?と問われると僕は予防歯科ですよと答えます。インプラントや審美は、歯を守れなかった時に次善策であるのでそれを前提として治療などは考えません。

予防歯科の重要さに関しては坂井歯科医院の重要テーマとして今後、啓蒙活動を強化していく予定です。

 



予防についてのブログ

Visit at the dentist.坂井歯科医院のむし歯や歯周病の予防についてのブログです。予防歯科・グッズ等の情報やお知らせなどを、こちらのカテゴリーにまとめて表示していいきます。


2014年3月5日 カテゴリー:予防について

このページのトップへ