医療法人育歩会坂井歯科医院j公式ブログ

THP 〜口腔機能水、THPウォーターについて〜

こんにちは、坂井歯科医院の今道です。

寒い日が続き、寒がりの私にとっては、とてもつらい季節で、あたたかい日が恋しいです。

 

今回からTHP治療について、詳しくレポートしていきたいと思います。

THP治療のポイントは3つありますが、今回は特に重要となる一つをお伝えしたいと思います。

 

何度も申しますが、お口の病気は大きく分けて、虫歯と歯周病があり、そのどちらもがお口の中の細菌により引き起こされるものです。

 

THPの治療を行う上で毎回使用し、重要になるのが口腔機能水と言われるTHPウォーターという、普通の飲用水を電気分解したもので、簡単に言うと殺菌効果のあるお水です。

 

THPウォーターの主成分は次亜塩素酸ですが、次亜塩素酸と聞いて思い浮かぶものが家庭でも使われているハイターです。

 

ハイターをお口の中に使う事を考えると怖いと感じる方もいらっしゃるかと思いますが、この次亜塩素酸は水道水にも消毒のために含まれていて、プールの殺菌や野菜、果物の消毒、食品添加物としても使われています。

 

私たちが日頃、よく口にするものにも使用されていることから、適切な濃度で使用すれば細菌やウイルスに効果があり(ノロウイルスの消毒にも使用されています)、安心して使う事ができるものです。

 

THPウォーターを用いることで体に害を与えず、お口の中の良い菌は生かしたまま、悪い菌のみを殺菌する事ができます。それに加えて従来の薬剤は殺菌するまで1秒ほどかかっていましたが、THPウォーターは使用すると瞬時に殺菌ができます。

 

歯周病菌は、出血した部分から血管を通り体の中へと感染してしまう、菌血症という病気を併発してしまうことがありますので、出血を伴う治療は注意が必要であり、体内への感染を防ぐためにも、瞬時に殺菌できるTHPウォーターを使い、細菌の活動を止め、菌血症を防ぎます。

 

従来では、お口の中の除菌を行わず治療をしているので、再び感染し、虫歯や歯周病の再発を繰り返していましたが、THPでは毎回お口の中すべてを除菌してから治療するので、細菌に感染し、拡散するのを防ぐことができるのです。

 

THPウォーターにポリリン酸を加えることで、破壊された組織の修復から再生まで可能になり、さらに治療の効果を上げることに成功しました。

 

THPウォーターは万能に使うことができるものですが、一つだけ短所があり、次亜塩素酸の中には活性酸素が含まれていて、活性酸素は体にとってあまり良くないもので、酸化してしまう性質があるのです。

 

それに対して長年研究を重ねた結果、酸化に対抗する「アスコルビン酸」という対酸化剤のビタミンを使い、余剰な活性酸素を消去するという方法に辿りつき、アスコルビン酸には組織の治癒を早める効果もあり、良い結果だけを得られる理想のシステムが完成したのです。

 

まとめますと、THPウォーターを使用することによって、お口の中の細菌を徹底的に除菌し、他の歯や体内に細菌を感染させることなく、傷ついた組織を再生誘導することができる画期的な口腔機能水です。

 

トータルヘルスプログラム認定の歯科医院でなければTHPウォーターを使用できず、寝屋川市では坂井歯科医院のみとなっていますので、ご興味がある方はいつでも相談にいらしてください。

 

次回はTHP治療のポイント第2段をレポートしますので、是非お読み下さい。


2018年2月19日 カテゴリー:坂井歯科ブログ, THP

THP  〜トータルヘルスプログラムとは〜

こんにちは。

坂井歯科医院の今道です。

今回からTHPについてレポートしていきます。

 

お口の中の病気は歯周病と虫歯が代表的で、歯科疾患ではこの二つで悩んで困っている方が多く、歯周病も虫歯もお口の中に存在する、細菌が原因で進行してしまいます。

 

日本人は世界で一番歯磨きをしていると言われていますが、歯科医療の先進国と比べて、歯周病も虫歯もはるかに多いと言われていて、とても残念な結果です。

 

前回のブログと動画をご覧いただけたでしょうか?

 

THPの治療プログラムは、今まで多くの先生方が築きあげてきた予防の方法を、見直し、手を加えたもので、決して特殊な治療ではなく、簡単に申すと、お口の中の細菌の量を減らすのではなく、悪い細菌を良い細菌に変え、細菌の質をコントロールすると言うことなのです。

 

例えば、腸内環境と同じで、悪玉菌が多いと下痢をしたり、便秘になったり、免疫力がなくなったりするので、ヨーグルトを食べたりして善玉菌を増やし、腸内環境を整えるイメージと同じです。

 

歯周病と虫歯リスクを極限まで減らし管理することで、お口の中の健康だけでなく、全身の健康を守る事が本当の目的です。

 

また細菌の量を減らす「量的コントロール(単に歯石をとるだけ)」ではなく、細菌の質を変える「質的コントロール(菌自体を入れ替える)」を目指すプログラムです。

 

歯周病や虫歯が発生してから歯科医院へ通うのではなく、歯周病や虫歯が発生しないように、リスクコントロールをし、繰り返し治療をなくすのがこのプログラムの目標です。

 

実際に当院でTHPの施術を受けられた方の感想です。

 

 

このように嬉しく有難いお言葉をたくさん頂いており、THPの効果が患者様のお声からお分かりになるかと思います。

 

歯肉から出血する、歯肉が腫れてブヨブヨする、口臭が気になる、歯がグラつくなど、人それぞれお口の中の悩みは違いますが、ほとんどの悩みを解消することが可能かと思います。

 

次回からは詳しい施術内容についてレポートしていきたいと思います。


2018年2月6日 カテゴリー:坂井歯科ブログ, THP

THP トータルヘルスプログラム 〜根本的歯周治療システム〜

皆様、こんにちは。

坂井歯科医院です。

最近とっても忙しい院長に代わり、またまた今道がブログを担当させていただきます。

 

2018年を迎え、1ヶ月が過ぎようとしていますが、いかがお過ごしでしょうか?

今年もどうぞ坂井歯科医院を宜しくお願い致します。

たくさんの患者様に満足いただけるように、お役に立てると幸いです。

 

寒い日が続き、体調を崩しやすい季節ですね。

私の甥は年末にインフルエンザにかかりました。

かなりぐったりして、しんどそうで、見ているだけでも辛かったですし、家族に感染らないかも心配でした。

 

では、皆様に問題です。

ギネスブックに載っている世界一の感染症は何でしょうか?

風邪?インフルエンザ??

 

正解は・・・「歯周病」です!!

歯周病はお口の中に繁殖する、「歯周病菌」による感染症で、みなさまご存知の「歯石」の中や「唾液」の中にもたっぷりと含まれています。

 

歯周病はご存知の通り、歯がぐらついて抜ける病気です。

 

平成26年度の厚生労働省の発表によると、歯周疾患の総患者数は331万5000人と言われており、歯周病で悩んでいる方はたくさんおられます。

 

日本人の歯が抜ける原因ナンバー1と言われているのが歯周病で、日本人は長年この歯周病で悩まされてきましたが、なぜかというと、進行を遅らせることができても、止めることはできなかったからです。

 

遅らせることも出来ないし、止めることも出来ないから、歯周病を治すことを諦める方が多い中で、諦めなかった人達が歯医者さんの中にはいます。

諦めなかった結果、歯周病の進行を止める手立てをプログラム化した先生がいますが、その先生の名前は神奈川県伊勢原市で開業されている、つじむら歯科医院総院長の辻村傑先生です。

 

辻村先生は歯周病治療の研究の第一人者と称されており、辻村先生が提唱している歯周病治療は、従来の歯石をひたすら取り除くこととは一線を画し、お口の中の歯周病菌をコントロールすることにより、歯周病そのものを根本的にお口の中から追い出すという治療方法を確立されました。

 

まずはこちらの動画をご覧ください。

 

 

この中で紹介されているトータルヘルスプログラム(THP)を坂井歯科医院では推奨しており、当院でTHPの施術により歯周病が大幅に改善された方が多くいらっしゃいます。

 

皆様この画期的な治療にご興味ございませんか?

もし、お有りであれば数回に渡りレポート致しますのでお読みいただき、THP治療を受けたいと思われた方はご連絡ください。

 

次回以降、THPの驚きの治療方法についてレポートしていきますので是非お読みください。


2018年1月29日 カテゴリー:坂井歯科ブログ, THP

プラスチックとセラミック

こんにちは。

坂井歯科医院の今道です。

 

家で使用している洗濯機が古くなってきているので、新しい洗濯機が欲しいなと思って、電気屋さんに行ったものの、値段も様々だし、ドラム式や縦型など、たくさん種類がありすぎて違いがよく分かりませんでした。

 

 

次、電気屋さんに行ったときは、店員さんに詳しく説明を聞こうと思いました。

高い買い物なので、しっかり違いを理解して購入したいと考えています。

 

  or     ??

 

皆様も種類があることで悩むことはありませんか?

歯科の治療でも種類があり、その違いを知っている方は少ないように感じます。

 

違いを知らないまま治療が進んでいることはありませんか?

 

まずはこちらの動画をご覧ください。

 

 

動画の説明をしていきます。

治療で使用される材質はプラスチックやセラミック、金属などがあり、今回はプラスチックとセラミックの違いについてお話していていきます。

 

セラミックは食事に使用する陶材のお皿を歯科用に改良したもので、プラスチックは子どもが使うお皿やコップに使用されているものを想像していただければ分かりやすいと思います。

 

この材質の差が健康に関係あり、長年使用することにより、差は広がっていきます。

私たちは毎日歯を使います。

 

噛んだり、すり潰したりすることで咬耗したり、歯磨きなどにより、少しずつですが摩耗していきます。

動画の実験では、やすりを使って摩耗を再現しています。

 

摩耗したセラミックとプラスチックの表面を顕微鏡で見てみると、違いがよく分かります。

セラミックの表面は滑らかで滑沢ですが、プラスチックの表面は凹凸があり、粗いです。

 

プラスチックの凹凸の中に、飲食した着色物が入り込み、磨いても取れなくなり、それがプラスチックの歯が変色してしまう原因です。

 

セラミックは摩耗を起こしても、表面が滑らかなままで、着色物が入り込むことがなく、変色しないので、長期間使用すると、美しさに大きな差が出てきます。

 

恐ろしいのはプラスチックの凹凸部分には着色物だけではなく、口腔内の細菌も付きやすいということです。

 

口腔内の細菌の大きさは0.5ミクロン〜100ミクロンと言われており、かなり小さいことが分かります。

この小さな細菌がプラスチックの凹凸に住みつことで、虫歯や歯周病にかかりやすくなるのです。

 

口腔内の細菌は、食道や血管内を通り身体にも取り込まれて、心疾患や糖尿病、誤嚥性肺炎、早産などの原因にもなることが分かっています。

 

セラミックは滑らかなので、着色だけでなく細菌も付きにくいので、健康に良いとされています。

 

選ぶ材質によりお口の中だけでなく、身体の健康にも関係があることを知っていただけたらと思います。


2017年12月27日 カテゴリー:坂井歯科ブログ

治療の選択について

皆様、こんにちは。

坂井歯科医院の今道です。

私は動物が大好きで、特に犬や猫などふわふわしている動物が大好きです。

まずはこちらの動画をご覧ください。

 

https://youtu.be/Dsfqae-ZOGg

犬の動画でなくてすいません。

 

治療を選択する権利が患者様にあるのです。

先ほどの動画を詳しく説明していきたいと思います。

 

奥歯の6歳臼歯は名前の通り、6歳頃に生えてきます。

そして、歯磨きが不十分だと虫歯になります。

虫歯になると、治療を行わねばなりません。

虫歯が小さければプラスチックの樹脂を埋めます。

治療が終わりホッとするかもしれませんが、一度虫歯になって治療した歯は負のサイクルに入ります。

 

一度治療した歯が、また虫歯になる事実を知らない方も多いですが、保険の歯科治療は5年〜7年で再治療と言われています。

 

せっかく治療したにも関わらず、プラスチックがすり減ったり、金属を止めているセメントが溶け出し、隙間ができ、また虫歯になります。

 

治療の度に、歯は前回よりも大きく削られて、歯の寿命はどんどん短くなってしまい、抜歯しなければならないケースがよく見受けられます。

 

治療の負の連鎖を断ち切るためには虫歯にならないことがベストですが、そのためには子供の頃からの予防がもっと必要です。

繰り返し治療を受けている方は、今よりも良い材質や治療を選択することで、治療の負の連鎖を断ち切ることが可能かもしれません。

 

それに加えて、保険で使用される金属は口腔内で腐食し、金属のイオンが溶け出し、金属アレルギーを引き起こす原因になります。

金属のイオンが肝臓や腎臓に蓄積することにより、アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)を引き起こす可能性も識者から指摘されています。

 

ついでなので、話題の歯科治療も一つご紹介致しましょう。

それは、ドックスベストセメントと呼ばれる物を利用した保険外の治療法です。

 

歯はパイプ状の細い管が無数にあり、その細い管を通って虫歯菌が奥の方まで感染している場合があります。すなわち、虫歯は目に見えない範囲まで拡がる恐れがあるのです。

 

そこで、最近坂井歯科で取り入れた新たな治療としては、あえて虫歯を全て取り除くのではなく、無害で安全な殺菌力に優れたドックスベストセメントを用いて、可能な限り無菌化を測ろうという治療です。

 

今までの治療では歯科用のドリルを使って虫歯を取り除くと、虫歯の部分だけではなく健康な歯も削ってしまうリスクがありました。

ドックスベストセメントを使うと必要以上に歯を削らなくていいので、健康な歯を多く残すことが可能です。

 

一人一人患者様のお口の中の状態によって、治療方法も選択肢も違います。

患者様一人一人に合った治療を提案させていただきますので、いつでも相談してください。

 

治療の負の連鎖を断ち切るために、詰める・かぶせる治療の材料の違い、セメントの違いを知っていただき、健康な身体を維持するためにも、ご自身で治療の選択をしていただければと思います。

 

追伸

 

先日、インスタグラムで大人気の「柴犬まる」がくずはモールに来ていたのはご存知ですか?

まるちゃんファンの私はまるちゃんに会いたい!!と思っていましたが、その日の夜はすき焼きを予定していて、近所のお肉屋さんにも行きたい!!と予定が重なってしまいました。

 

近所のお肉屋さんは安くて美味しいので、開店と同時に行かないとすぐ売り切れてしまう。

でも、まるちゃんに会える時間は決まっているし、とても悩みました。

 

結果、私はまるちゃんに会いに行くことを決めました。

まるちゃんは可愛くて、ふわふわしていて、会えてとても嬉しかったです。

まるちゃんに会いに行って良かったと、心の底から思いました。

 

このように私たちは人生で色々な選択をしながら毎日生活をしています。

歯科治療でも選択する権利が患者様にもあるのです。

説明がないまま治療を受けている方も多いのではないでしょうか?

 

犬と治療は全然違う!と言われるかもしれませんが、自分にとってより良い方法を選択するという点においては全く同じです。

それではまた来週!



このページのトップへ