医療法人育歩会坂井歯科医院j公式ブログ

ストレス社会と戦うお父さんへ

こんにちは。

坂井歯科医院の今道です。

今日は院長の代わりにブログを担当致します。

 

年末も近づき、忘年会のシーズンがやってきました。

皆様、お酒はお好きですか?

実は、私お酒が大好きです。

 

仕事終わりのビールは格別に美味しいですよね。

私もビール大好きです。

最近はワインにハマっていて、ワインもよく飲みます。

 

 

週末はお酒を飲む機会が増えてきました。

社会に出て働く方々も付き合いなどで、お酒を飲む機会も多いのではないでしょうか。

飲みに行くのも大変ですよね。

奥様の顔色を伺って、肩身の狭い思いはしていませんでしょうか?

 

そのようなストレス社会でがんばっているそこのお父さん!!

身体のことは気にかけていても、お口の中まで気を遣っていますか?

お酒を飲む時にタバコをたくさん吸っていませんか?

お酒を飲んで帰って、疲れて歯を磨かずに寝てしまう、なんてことは・・・まさかありませんよね。

 

そんなあなたは要注意です!

お口の中の病気は、気づかないうちにどんどん進行してしまいますので、気づいた時には手遅れのことが多いのです。

 

家族のために一生懸命働いてくれている大切なお父さんだからこそ、ずっと健康でいてほしいのです。

今こそ、ご自身のお口の中に目を向けてみましょう。

歯を失ってからは遅いのです。

 

歯を失う!?とびっくりした方もいらっしゃると思います。

なぜタバコを吸ったり、歯磨きを怠ったり、ストレスを溜めることが歯を失うことに繋がるかお話していきましょう。

 

最近はテレビやCMで「歯肉炎」「歯周病」「歯槽膿漏」などの言葉をよく耳にします。

そう、この歯周病こそ歯を失ってしまう怖い病気なのです。

 

お口の中には300〜500種類の細菌が住んでいると言われています。

これだけでゾッとしますね。

 

歯磨きが充分でなかったり、砂糖を過剰に摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。

これを歯垢(プラーク)と言います。

このプラーク1mgの中には約1億個の細菌が住み着いていると言われていて、虫歯や歯周病を引き起こす原因になっていることが解明されています。

 

プラーク中の細菌によって歯肉が炎症を起こし、赤く腫れたり、歯肉が赤紫になったり、触ると出血したりします。

この状態を歯肉炎と言い、歯周病の初期段階です。

 

 

生活習慣が乱れていたり、食生活が偏っているとなりやすく、20歳代で7割、30〜50歳代で8割、60歳代以降は9割と高い確率でかかっている病気と言われています。

 

そしてこの歯肉炎を放っておくと、腫れた歯肉と歯に隙間(歯周ポケット)ができてきます。

プラークの中の細菌は唾液に含まれるカルシウムやリン酸と結合し、歯石と言う軽石のような硬い物質を歯の表面に付着してしまいます。

細菌はこの歯石を足がかりにして、歯と歯肉の間にできた歯周ポケットに入り込み、歯肉の奥深くへと繁殖していくのです。

 

歯周ポケットの奥深くに入り込んだ細菌が、歯を支える歯槽骨を溶かします。

歯槽骨が溶ける病気を「歯周病」と言い、進行していくと歯肉が下がったり、歯がグラグラしたり、最悪歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。

 

 

1番恐ろしいことはこれらのことが痛みなく、進行してしまうことです。

痛みが出る頃には末期の状態が多く、歯を失ってしまうケースが多いです。

そのため、早期発見、早期治療が望ましいのです。

 

 

ではセルフチェックを行ってみましょう。

□歯肉の色が赤い、もしくは赤紫。

□歯肉が腫れぼったい。

□歯が浮いたような感じがする。

□歯肉がむずがゆい、痛い。

□歯磨きをすると出血する。

□起床時に口の中が苦く、ネバネバする。

□歯と歯の間に食べ物が挟まりやすい。

□歯が長くなったような気がする。

□口臭があると言われる。

 

1つ以上当てはまると歯肉炎、歯周病の可能性がありますので、歯科医院に受診されることをオススメします。

歯周病の進行が初期に近い程、治療回数も少なく、痛みを伴うことも少ないでしょう。

 

 

タバコを吸われる方に関してはさらに注意が必要です。

なぜかというと、タバコに含まれるニコチンには血管を収縮する作用があるのです。

 

したがって、歯肉炎や歯周病の症状で見られる歯肉からの出血が血管の収縮によりしにくいため、病気になっていても気づかないことが多いのです。

 

そして、喫煙者の歯肉は線維性の硬い歯周ポケットが形成されるため、出血をしなくても歯周病はどんどん進んでしまうのです。

 

 

ストレスを溜めることも歯周病を悪化させます。

ストレスを受けることにより免疫力が低下すると言われていて、免疫力が下がるとお口の中の最近に感染しやすくなるのが原因です。

 

唾液の持つ免疫機能により菌の除去が行われているのですが、ストレスで唾液量が減少してしまうことも原因とされています。

 

 

疲れているからなどの理由で歯磨きを怠ったりしていませんか?

ストレスや喫煙もお口の中と密接な関係があることをお分かりいただけましたでしょうか?

 

お父さんにお口の中からいつまでも健康でいてもらうためにも、日頃の生活習慣を見直し、歯科医院で検診を受けていただきたいと考えています。


2017年12月7日 カテゴリー:坂井歯科ブログ, むし歯や歯周病について

e-maxについて

皆様、こんにちは。

坂井歯科の坂井でございます。

 

食欲の秋ですね。

食べ物が美味しい季節がやってまいりました。

 

私は食べる事が大好きですが、ダイエットのため、白米をなるべく食べないようにしています。しかし、この時期はなかなか我慢出来ません。

つい、美味しい白米を求めてしまいます。

 

最新の炊飯器は白米がとっても美味しく炊けるそうで、家にある炊飯器も古くなってきていることだし、そろそろ買い換えようかと妻と相談しているところです。

先日テレビでもやっていたのですが、炊飯器にもたくさん種類があるのですね。

 

ふっくらもちもちに炊けるのはもちろんのこと、よそった白米の量からカロリー計算をしてくれるものまであるそうです。

この機能はダイエット中の私には大変嬉しいですが、炊飯器の種類が色々あるので悩みます。

 

皆様も種類が多くて悩むことはないでしょうか?

 

実は歯科の治療で用いられるセラミックにも種類があることはご存知でしょうか?

 

前回は「ジルコニア」についてお話しさせていただきました。

ジルコニアに並んで注目されている、「e-max」について今回はお話していきましょう。

 

e-maxは「empress max」エンプレスマックスの意味を持つシステムで、ニケイ酸リチウムガラスセラミックを主成分にしたセラミックの種類です。

ガラスで出来ていることからわかるように、非常に透明感があり、色調がとても綺麗です。

 

本来の天然歯と同じかそれ以上に綺麗な色調を再現できるので審美性に優れています。

従来のセラミックに比べて「審美性」「耐久性」を兼ね備えた人気の高い材質です。

ご自身の歯は先端の透明度が高く、歯肉に近いほど透明度が低くなりますが、歯肉に近い部分でも微妙に透明度はあります。この微妙な透明度まで再現できるのがe-maxです。

 

左が従来のセラミッククラウン

右がe-maxクラウン

e-maxの被せ物はきわにも黒い影ができません。

 

審美性が高いため、主に前歯の治療に使用するケースが多いですが、もちろん奥歯にも使用ができます。

そして、表面が滑沢なので汚れや細菌が付きにくく、長年使用しても変色はほぼありません。

 

金属かセラミックで治療される際に知っていただきたいことがあります。

それは金属やセラミックがどのように歯とくっついているかということです。

金属やセラミックの詰め物や被せ物のことを補綴物といいますが、その補綴物のくっつけ方には2種類あります。

 

合着と接着です。

歯と補綴物の間にセメントを入れ、硬化することにより固定化されるということは同じです。

 

金属をくっつける合着とは、歯と補綴物の間の凹凸部分にセメントが入り、固まるとくっついてとれないようにする機械的な原理をいいます。

この合着の場合、長い年月を経てお口の中でセメントが溶け出していまい、補綴物が脱離してしまう原因になります。

 

さらに、補綴物が脱離しなくとも、セメントが溶けて歯と補綴物の間に隙間ができることによって、その隙間から虫歯菌が入り込み新たに虫歯になる可能性があります。

合着とは、はまっているだけで歯と一体化しているわけではありません。

 

右が従来の詰め物

左がe-maxの詰め物

ぴったり合っているのが写真からも分かります。

 

その一方でセラミックをくっつける接着とは、歯と補綴物が接着剤の化学的な結合によって吸着する、化学的な原理のことをいいます。

年月が経ってもお口の中でセメントが溶け出すこともありませんので、隙間ができず新たな虫歯ができる原因を防ぐことができます。

 

歯と補綴物が一体化するので隙間ができないのです。

虫歯になりにくいということは歯の寿命を伸ばせることにつながるので、とても大切な要素だと感じております。

 

e-max最大の特徴としては、柔らかすぎず、硬すぎないことで、強い力がかかった場合、ご自身の歯を傷める可能性が低いということです。

ジルコニアは天然歯に比べてはるかに高い強度を持っていますが、e-maxは高強度でありながら天然歯に近い硬さなのです。

 

では数字で比較してみましょう。

ジルコニアの強度は800〜1000mPaと言われています。

e-maxは360〜400mPaで天然歯のエナメル質は350mPaです。

これらを比較してもわかるように、e-maxは天然歯と近い強度があります。

 

天然歯は長年噛んだりすることによって摩耗していきます。

天然歯に近いe-maxも同じように摩耗性を持っているので、噛み合わす歯が天然歯でも安全性の高い材質と言えるでしょう。

 

もちろん金属アレルギーの心配もありません。

 

従来はセラミックの粉と水を混ぜ合わせ高温で焼いてセラミックを作成していましたが、水分内の不純物や技工所の空気中の粉塵などが入り込み、出来上がったセラミックに不純物や気泡が混ざってしまうことがありました。

 

ところが、e-maxは専門の工場であらかじめ作成されているセラミックブロックを使用するので、不純物が入り込む心配がなく、純度の高い被せ物や詰め物を作成することができるようになりました。

 

しかしながら、強度はあるものの衝撃的な力で割れてしまうという弱点もあります。

そして、治療によっては歯を削る量が多くなる場合もあります。

しかし、きちんと検査、審査、診断して治療を行えば、安心して使っていただける材質です。

 

このようにセラミックにもジルコニアやe-maxといった種類があるのです。

治療する部位や噛み合わせによって、適応不適応がございます。

e-maxは被せ物や詰め物、ラミネートベニアといったような1本や2本などの審美的で高強度の単冠修復にとても適しています。

一方、ジルコニアは強度がかなり強いのでブリッジやインプラントにも適しています。

 

ジルコニアにもe-maxも長所・短所がありますので、患者様のお口の中の状態、要望などをしっかりと考慮して使い分けたいと考えておりますので、安易に選択するのではなく、担当医としっかり相談して決めていただければと思います。

 


2017年11月22日 カテゴリー:坂井歯科ブログ, 美しい歯(審美)

ジルコニア治療

皆様こんにちは。

坂井歯科の坂井でございます。

 

あと1ヶ月少しでクリスマスですね。

今年は息子、娘、孫を招待して家でパーティーをしようと計画しています。

そして実は開業して35周年の記念すべきクリスマスなので、今までずっと支え続けてくれている妻に、少し豪華なプレゼントしたいと考えています。

立派なダイヤモンドのネックレスはどうかなぁと思っています。

 

皆様は歯科でもダイヤモンドと呼ばれている素材があることをご存知でしょうか。

それは「ジルコニア」という材質です。

2005年に国内で初めて厚生労働省の許認可を取得した材質で、二酸化ジルコニウムというジルコニアの酸化物で融点が2700度と高く、透明でダイヤモンドのような屈折率をもつために歯科界でのダイヤモンドと呼ばれています。

 

皆様の身近なところでは最近、白いセラミック製の包丁を見かける機会がホームセンターなどでもあると思いますが、あの包丁もジルコニアで作られています。硬く刃こぼれしにくいのが、ジルコニア製包丁の特徴です。

 

その特徴を活かした歯科でのジルコニア治療は、とても頑丈で幅広く使用が可能なセラミック治療として人気を呼んでいます。更に、白く透明感もあり、審美性にも優れている材質であり、品質改良も進められています。

今までの一般的なセラミックの材質では強度があまりなく、強く噛み合わせることが困難でした。

しかし、ジルコニアはセラミックの種類の中でも群を抜いて丈夫です。

奥歯に使用しても十分強度が保たれます。

 

したがって歯科治療で使えるセラミックの範囲がかなり広がりました。

以前はブリッジやインプラントなどの土台に使用する時は金属で補強しなければならなかったのですが、高い強度のあるジルコニアは単独素材での使用が十分に可能です。

 

お口の中は歯にとって厳しい環境なのはご存知でしょうか?

 

どういうことかと言いますと、日々私たちは口から食事をします。

毎日、コーヒーやお茶、スープなどの熱いもの、レモンやお酢など強い酸性のもの、アルカリ性の食品や飲み物など歯は日々刺激に晒され続けています。結果どうなるかと言うと、歯が汚れる、溶ける、ばい菌が付着しやすくなるなど、好ましくない影響を食事の度に受けています。

 

これはお口の中にある詰め物や被せ物、インプラントにとっても同じなのです。

ところが、ジルコニアは非常に安全な材質で、熱や酸、アルカリに強いので長期間使用を続けても、機能的には一切変化がありません。

 

ジルコニアは耐熱性が高いためスペースシャトルの外壁に使用したり、医科では骨の代替素材に使用されるほど生体親和性が高いのです。

アレルギーの原因にもなりません。

 

しかしながら、ジルコニアにも弱点はあります。

それは、場合により歯を削る量が少し多いということです。

 

なぜ歯を削る量が多くなるかと言うと、ジルコニアの表面はポーセレンというセラミックで覆うため二重構造になっています。二重構造にするためには、どうしてもその分厚みが必要になってくるのです。

もう一つの弱点は表面が割れてしまう可能性があることです。

ジルコニアが割れるのではなく表面を覆っているポーセレンが割れてしまうことがあるということです。

 

ポーセレンの部分はジルコニアに比べて審美性は高いのですが強度が落ちる場合があり、ケースによってはポーセレン部分を用いない方が都合よく治療をおこなえるケースもあります。

 

その場合は若干審美性が損なわれるものの、奥歯などの力がかかりやすい部位には二重構造ではなくジルコニア単体で作ることもあります。

 

また、歯ぎしりや食いしばりなどがある患者様にはナイトガードやマウスピースを作ることもおすすめさせていただきます。

 

このように一人一人、お口の中の状態に合わせてきちんと検査、審査、診断が必要ですので、ジルコニアは最新の機械を使って作製します。3Dプリンターのようにパソコンで設計をし、ジルコニアの塊を削り出して作製するので、精度が高く、精密な歯を作製する事が可能になっています。

 

従来の保険適応でよく用いられている金属は、溶かして固めているのでどうしても精度が落ちてしまいました。金属は特性上、膨張と収縮を繰り返しながら最終的な形に落ち着くので、材質によっては精密に歯を製作する事が、相当困難を伴う場合があります。

 

しかし、ジルコニアはジルコニアのブロックを機械で削り出すので、機械の性能が良ければ良いほど、良質な歯を作る事が出来ます。

 

これらのことを総合すると、ジルコニアは有能な材質と言えるでしょう。

 

現在、セラミックにも色々種類があります。

有能だからといって、全ての治療に対し、ジルコニアが万能な訳ではありません。場合によっては金属の方が適するというケースもあるでしょう。

 

お口の中の状態や部位、噛み合わせなどをしっかり診断し、担当医ときちんと相談して、ご自身に一番適した選択をしましょう。

 


2017年11月16日 カテゴリー:坂井歯科ブログ, 美しい歯(審美)

金属アレルギーについて

こんにちは。
坂井歯科医院の坂井でございます。

日に日に寒くなってきていますが、皆様におかれましては如何お過ごしでしょうか。
風邪などが流行る時期ですので、お気を付け下さい。

実は私にはこの時期、辛いことがあります。
喘息を患っていて寒くなるこの季節は一番喘息がひどくなり、症状が軽く済む時の方が多いのですが、体調によっては診療にも影響しそうになる事があるのです。

皆さまは何かアレルギーでお困りの事はありませんか?
私は生まれた時からアレルギー体質で、小さい頃は重い症状に悩まされていました。
特に喘息がひどく夜になるにつれて気管が狭くなり苦しくなって呼吸困難になる事も珍しくなかったくらいです。

それ以外にもアレルギー性皮膚炎もあり、毛染めなどをした時は顔が腫れたりしました事もあり、本当は白髪染めをしたいのですが、それも自由に出来ません。また、私の妻は動物が大好きなので犬を飼いたいといつもお願いされますが、私は犬アレルギーもあるので希望に応えてあげられません。

こういったアレルギー症状には生まれたときから苦労してきましたが、これらの苦労は解る人には解り、苦労している方にとっては聞いているだけで人ごとではないでしょう。

私はアレルギーの検査で明確にアレルギー反応があり、何を避けてどう生活したら良いのか等の対処方法は幸いわかっています。しかし、原因が分からずアレルギー症状に悩んでいる方もいらっしゃるでしょうし、そもそもそれがアレルギー症状かどうか解らない方も大勢いるはずです。

私がこれまで見て来たケースでは、かゆみやかぶれ、肌荒れなどの症状があり、皮膚科にかかっているが治らないと悩んでいる方の原因が、お口の中に入っている金属が原因だったという方もいます(それも親族に)。

銀やパラジウムなどの金属は、錆びて腐食します。そして腐食して溶け出した金属を体内に取り込んでしまっていて、体外に排出することもできず、体内に蓄積してしまいます。体内に蓄積すると、ある一定の量(個人差があります)を越えた所でアレルギー症状が現れます。

お口の中の金属が原因でアレルギー症状が起こったとき身体に起こる異変には、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、扁平苔癬(へんぺいたいせん)、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)、脱毛、蕁麻疹、リウマチ、鬱(うつ)などが挙げられています。

まさかお口の中の金属が原因とも解らず、こうした症状に長年悩まされているケースが残念ながら後を絶ちません。このようなアレルギー症状が出た場合どうしたら良いのかと言うと、原因となる金属を外して金属以外のもので治療し治すしか方法はないでしょう。

近年、金属以外の材質で身体により優しく安全性の高い材質がでてきていますので、アレルギーの原因になっている金属を取り除き、アレルギーの出にくい材質に置き換えることが必要です。その為には、金属アレルギーの有無を調べるパッチテストを行い、アレルギー反応が出ている金属を特定します。金属が特定すれば、その金属を除去します。

しかし検査を行っても原因の金属の特定が困難の場合もありますので、そのときは溶出度の高い金属から順番に取り除いていき、様子を見ます。金属を除去した後は、金属を使用しない安全性の高い、詰め物や被せ物を入れます。こういった(ノンメタル)治療を行うことによってアレルギー症状が改善される可能性が高いのですが、本当の所を言えば最初からアレルギーを助長させる原因となる金属を最初から使わない事が一番良いのです。

なぜアレルギーが起こりうるかもしれない金属を日本では多く使用しているのかというと、それ自体が健康保険の適応となっており、一般的に普及しているからです。

健康保険で認められている金属なのに身体に悪いだなんておかしいじゃないか!と思われる方もいらっしゃると思いますが、現在歯科治療でよく使用されている金属は金銀パラジウムという金属で、この金属が保険適用になったのは今から約55年前です。その頃の健康保険の制度は口腔内の機能の回復が目的でした。

口腔内の機能の回復とは「噛める」ということ、そして噛むために必要な詰め物やかぶせものを作るための安全性の高い金属(代表的なものは純度の高い金や白金)はコストが高く、なかなか手に入れることができませんでした。その制度は未だ変わっておらず、習慣的に今でも使用されています。

私は開業当時から口腔内の健康を維持する為の予防を推進してまいりましたが、アレルギー症状が出てから金属を外して治療することも一つの予防の形だと思っています。しかし、一度発症したアレルギー症状が落ち着くまでは長い年月がかかると言われていますので、すぐに結果が出ない場合もあるでしょう。

アレルギー症状が出てしまう前にできるだけ金属を使わない治療を選択し、ご自身の身体の健康を守ることが本当の予防ではないでしょうか。私はそう考えます。

虫歯にならないように毎日のセルフケアを怠らず、定期的なメインテナンスを行いうことが、皆様の全身の健康に繋がると私は考えております。今日は金属アレルギーの話しをしましたが、次回は最新のセラミック治療「ジルコニア」についての話しをしたいと思いますのでそちらも是非ご覧になって下さい。


2017年11月15日 カテゴリー:坂井歯科ブログ

ノンメタル(メタルフリー)治療

こんにちは。

坂井歯科医院、院長の坂井でございます。

実は私、孫が3人います!

息子、娘も可愛いですが、孫はもっと可愛いですね。

私もおじいちゃんなのですが、孫の成長をいつまでも見ていたいので、運動したり、食生活に気を使ったり、健康には気を使っています。最近ではスポーツクラブに通いながら体力維持に気を配ったり、昔はさほど気にしなかったのですが、食べ物の栄養素に気を配ったりしています。

 

私と同じように、直接口にする食材に気を配る方は多いと思いますが、なぜか歯に装着される金属には無頓着な人が多いことに、昔から私は気になっていました。例えばよく見る銀歯。不思議ですよね?銀歯が生まれつきお口の中に入っている人はいません。金属は身体にはないものです。銀歯だけではなく、歯の修復に使われる全ての材料は体にとっては異物です。異物であるから、できるだけ安全性の高いものを使って治療して欲しいと私なら思います。

 

私は歯科医師ですので、やはり健康は口の中から!ということで今回は「ノンメタル治療」についてお話します。

 

ではノンメタル治療とは。

歯科治療によって口腔内に入っている金属を身体に優しい材質で修復す治療のことを言います。

分かりやすく申しますと、お口の中にある銀の詰め物や銀の被せ物を金属の使わない材質にやりかえるということです。

ではなぜ銀の詰め物や銀の被せ物は口腔内にあるといけないのでしょうか。

一般的に使われている銀の金属には

「パラジウム合金」「アマルガム」「銀合金」「コバルトクロム」

などがあります。アマルガムは、つい最近保険適用から外されましたが、その他の金属は保険適応の材質の中に全て含まれています。にもかかわらず、これらの金属が「金属アレルギー」を引き起こす場合があり、世界的にも口腔内の金属が健康に害を及ぼす可能性があるという事が報じられています。歯科関係者であれば、この事を知らない人はいません。一部の金属(ゴールドやチタンなど)の安全性は報告されていますが、それでも完全という訳でもありません。一人ひとり、反応する金属のアレルギーも異なるので、絶対安全という事自体がそもそもない訳です。

金属アレルギーといえば金属が皮膚に触れているところに発症することをイメージしがちですが、皮膚に身につける金属アレルギーと異なる点は、口腔内だけでなく金属の触れていない全身に症状がでる可能性があります。それが口腔内の金属が原因とは分からずに困っている方もいらっしゃいます。

なぜ全身に症状が出るかというと、歯科治療で使われた金属が水分、酸、異種の金属による電流で錆びて腐食し唾液に溶け出し、体内に取り込まれ蓄積することでアレルギー反応が起こっていますのが原因です。コップから水が溢れ出すように、体にも、アレルゲンを許容できる容量が決まっているのです。

次回、金属アレルギーについて詳しく述べたいと思います。


2017年11月9日 カテゴリー:坂井歯科ブログ

このページのトップへ